HARU * MONYA

JRTの はるな と ビーグルの もなん と猫のイブキ・ヒタカ の日常です。
Home未分類 | ドギパ | アジリティ | ヘルニア | 雑記 | 日常 | 写真 | お出かけ | 家電 | メモ | グッズ | 琵琶湖 | 庭の植物 | ネコ | 映画 | カメラ | 信楽 | 病院 | 音楽 | 里親募集 | 合宿 | めだか | 小説・マンガ | クルマ 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒタカ、嘔吐を繰り返す。

2010.05.17
長くなりそうなので、初めに書いておきます。
ヒタカが誤飲による腸閉塞のため、手術を受けました。
いまのところ、峠も越し、入院中です。


土曜日に仕事から帰宅すると、「ヒタカが朝から何度か嘔吐しているので、病院に行きたい」と言われて、支度して病院へ。
土曜の午後のため掛りつけの獣医さんが休診。別の開いている病院へとりあえず行ってレントゲンを撮影し、
直腸に便が溜っているのを確認。対処療法として、皮下点滴を受ける。
この時点では、とりあえずこれで一晩様子を見ることにして帰宅。
夜に便はでるが朝までに何度も嘔吐を繰り返し、翌日も午前中から先日の病院へ。
エコーで見てもらうものの、はっきり断定できるほどの材料もなく手詰まり気味。
我が家的には、誤飲による腸閉塞を もっとも疑っていたので、バリウムを飲ませて造影し、
レントゲン撮影をしてもらうように頼んでみたところ、受け入れられたので開始。
まず、バリウムを飲ませるのに手こずり、なんとか少量を飲ませて時間ごとに撮影してもらって
見てみるも、非常に動きが悪い。小腸に入ったところで ほとんど動きが無くなったのと、
バリウム自体を嘔吐してしまったので、この時点で経過撮影を中止。
バリウムを飲んで3時間経過しても 動いていないことは確認できたので、
外科的な処置が必要なことは決定的…。
ただし、この病院では、残念ながら、即日オペに対応できる状況ではなかったため、
大阪の夜間緊急病院へ行くことを薦められる。とりあえず応急の皮下点滴を少しだけ処置してもらい、帰宅することに。
念のため、帰宅途中にある、掛りつけ医の前を通ってみると、先生の奥さんがたまたまいらっしゃったので、
話を伺うと、先生は遠方に出かけていて、帰宅が遅いことを確認。
奥さんも、症状からすると明日よりも今日中に処置をしたほうが良いと言われる。
県内のア○キさんなら 日曜日もやっているので、今からでも電話してみたらとアドバイスを受ける。
帰宅後、ア○キさんに電話をしてみると、今から来てもらえれば診ると言ってもらえたので、
即、準備をして出発したのでした。

長いので 続く。
スポンサーサイト
病院    Comment(2)   ↑Top

Comment

- ガオ母さん

勉強させてもらいます。
2010.05.17 Mon 22:38 URL [ Edit ]

- みずち

>ガオ母さん
勉強になれば良いのですが…。(;´∀`)
肝心なところは明日にでも書かせてもらいまーす。
2010.05.18 Tue 00:19 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©HARU * MONYA All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。